So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

零式ヘッドモデル-2:顎と目玉の連動展開 [彩工家 零式]

またひと月ばかりのご無沙汰です。
2週間ほどとある別件の造形案件にかかりきりだったり、超楽しみにしてたとある催しが先週の台風直撃で中止になって激烈凹んだり…、色々ありました。

そんな中で、模型モチベ好調状態は続いてはいましたので、ひと月分の進捗をちょっと小出しに。
前回とりあえず組めるようにはなったので、プラン通りフェイスオープンのギミック改修作業に着手します。

目玉の上カバー、見るからに左右の対称が…。
20191019_Zero1.jpg
削って貼って、ギミックに支障が出なそうなレベルまでなんとかします。

で、型紙を駆使して可動範囲とクリアランスのチェック。
20191019_Zero2.jpg
目玉の上カバーと顎のパーツは同時にガシャコンと開きますので、ここは同時に開閉するよう連動させたいのです。

紙をあてがってパーツの角度を写し取り、現物合わせのテキトー設計図を見ながらあれこれ思案。
20191019_Zero3.jpg
回転軸と回転角度を割り出し、それに合うよう連動用のヒンジの長さを検討。
イメージ的にはけっこうカバチョと開いてるようでいて、意外と可動の角度は小さいんですね。

パーツ後部をプラ板で延長し、可動用のアームを増設。自作ヒンジを真鍮線で繋いで連動させます。
20191019_Zero4.jpg

パカッ。
20191019_Zero5.jpg
いい感じに連動できました。手で開閉してみてるだけで楽しいデス。

そして、次なるチャレンジは当然前頭部の展開ギミック。
着手してだいたい形になってきてるんですが、もうちょっと見えてくるまで出し惜しみしておこうかな(笑)。

ではまた次回。
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1/144ヘルハウンド-2:完成!! [1/144ヘルハウンド]

前回ほぼ出来上がってたので、クリアと細部色差しでサクッと完成です。

WFディーラー「FHI VS J@XA」さんのキット、1/144ヘルハウンドです。
パッケージの表記によれば「機動警察パトレイバー THE MOVIE」ということで、名目上は劇場版1からのキット化。活躍度合いでいうとP2のほうが印象は強いですが、1の冒頭シーンもめちゃくちゃカッコよくてシビれますよねぇ。数カットしか出番ないけど。

前から。
20190921_Hellhound1.jpg

後ろから。
20190921_Hellhound2.jpg

ヘリは真後ろのやや斜め下から撮るのが一番カッコイイと思ってます。
20190921_Hellhound3.jpg

正面アングル。お手軽iPhone撮影でピント合わず…。
20190921_Hellhound4.jpg

まぁ細かいとこはアレコレありますが、1/144ですから大目に見て下さい。
オール3Dプリントによるキットということで、作ってみて初めてわかる素材の特性とか勉強になることも多く、よい経験になりましたね。

しかし、ディーラーさんのほうでスケールモデル視点からのアレンジがだいぶプロポーションに入ってるとはいえ、ヘルハウンド結構でかいな。
20190921_Hellhound5.jpg
同スケールのチヌークと並べてもこの存在感。チヌークが意外とコンパクトなのかも。

制作上の反省点は、2機目に生かしましょう。
ドン。
20190921_Hellhound6.jpg
WF2019夏で出た同キットのリニューアル版もご用意してございます(笑)。

いやしかし、今年4点目の完成品になりますので、手の遅いわたしにしては空前の快挙。
ではまた次回。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

零式ヘッドモデル-1:検証と調整 [彩工家 零式]

例によって複数のお手つきを同時進行中です。
模型モチベ上がりまくりなのでいろいろ進んでます。

とりあえず離型剤落としてゲート処理…などと言いながら手を着けた(→LINK)のが今見たら1年以上前だったようですが、それ以来また積みっぱなしだった、WFディーラー「彩工家」(@saikuya_0001)さんの1/8零式ヘッドモデル、ちょびっと進捗。

相変わらずの大ボリュームキット、パーツ並べただけで壮観です。
20190918_Zero1.jpg
言うまでもなく、去年の画像ですが…。

このぶっといゲートが「あぁ…またこの大変なキットに手を着けてしまった…」感(笑)。
20190918_Zero2.jpg
まぁもう慣れたものですのでガシガシいきますが、いくつか問題が。

今回は複製条件がよろしくなかったのか、一部パーツの表面がとんでもない気泡だらけです。
20190918_Zero3.jpg
これは処理すんの手間かかりそうですが、なにぶんスケールでかいのでぶわっとやってごりっとやればなんとかなるでしょう。

もう一つの重大な問題がこちら。
20190918_Zero4.jpg
顎のパーツ、左の取り付け部分がひしゃげていました。

ほら。
20190918_Zero5.jpg
パーツの変形というより、これはレジンがちゃんと硬化しないうちに型から外してしまったために起きてる歪みのようで、ちょっと熱を加えてどうにかなるものではありません。
さすがにパーツ交換とかお願いしていいレベルだと思いますが、制作プラン上ここは関係なくなる予定なのでそのまま弄っていきます。
なんといっても零式ヘッドの最大の特徴はフェイスオープンのギミック。キットでは差し替え再現ですが、やっぱり可動式にしてうまいことやりたい所存。

とりあえず目玉周りのパーツから様子を見ます。ガバッと上に開く内部パーツの接続部がこちら。
20190918_Zero6.jpg
上下に可動する軸となる左右の接続部が、ハの字になってますね…。
閉状態の定位置でぴたっと止まるように、っていう設計なのでしょうか。しかしこれだと開状態での保持にストレスがかかりますし、スムーズな可動の妨げになりそう。

削って接触面が垂直になるようにして、仮で真鍮線を打ってみました。
20190918_Zero7.jpg
うっは…いろいろ斜め…。あとで調整します…。

とりあえず主要なパーツが仮組み出来る状態になったので組んでみますが、どうにも顎パーツのクリアランスが怪しい。
20190918_Zero8.jpg
キットではもともと、顎の接続部に埋め込む金属ボールをパーツの弾性で頬の内側の凹みに引っかけることで開状態を保持する設計になってるのですが、そもそも顎パーツ自体が開位置だと左右の頬の間にどうしてもまともに収まりません。どこが悪いんだろうと顎の接続部まわりを散々削ってみたりして試行錯誤を繰り返したものの解決せず。

あーでもないこーでもないとやってましたが、左の頬部分が歪んで内側に反ってしまっていることが発覚しました。釜茹での刑です。
熱湯に浸けてぐいっと広げてやったところ、本来意図されてたであろう感じで組めるようになって一安心。
20190918_Zero9.jpg
顎の接続部は結局切り飛ばしたり削ったりしたダボをプラ材で補完して、ひとまずの仮組み用として仕立てています。位置合わせだけしたらそれを基準に次のステップに進む予定。

カッコいいものが出来上がる予感しかしてませんが、果たして完成は何年後でしょうか(笑)。
ギミックも凝りたいですが電飾も仕込みたい。妄想だけは広がっていきます。
さてさて、どうなりますやら。

ではまた次回。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1/144ヘルハウンド-1:組み立て〜から一気に塗装まで [1/144ヘルハウンド]

さてさて。
相変わらず更新滞り気味ですがいつものことですね!!

ヴァリアントの仕上げ工程で足踏みしつつ、並行してまたお手つきを増やしていました。ヨソではちょこちょこ公開してましたがまとめてアップしときます。

以前の記事(→LINK)でご紹介しました、1/144ヘルハウンド。
20190917_hellhound1.jpg
「FHI VS J@XA」(@COSUGI_Y)さんのキット。WF2019冬でお買い上げしたものです。

ナカミこちら。
20190917_hellhound2.jpg
全パーツ3Dプリントの出力ママということでイマドキ感溢れる感じですが、デジタル原型の出力品てことで細かいディティールとかもうクッキリカッチリで感嘆するしかありません。

サポート材を切り取ってちょこっと整えるだけで美しく仕上がります。
20190917_hellhound3.jpg
あーもう、あとこれ色塗るだけで出来上がりじゃん!!っていう完成度。1/144のスケールでこんなクオリティの逸品がガレージキットとして頒布されてるなんて!!

とか思いながらルンルンで組んでたところ…
20190917_hellhound4.jpg
ぎゃー!!折れたー!!!
サポート痕に優しくペーパーかけてたところ、モロっ…といきました。

まだまだ技術的には過渡期なんだなーと実感せざるを得ないですが、強度面では不安が残る3Dプリント品。D主さんともやりとりして、設計上強度不足ですみません、とのコメントを頂きつつ。
最初、そのまま瞬着でくっつけようとしたところうまくいかなくて、破断面をよく見ると未硬化レジンぽいものが付着してたので、これは硬化不良的な何かなのかなーなんて素人ながら考え。中性洗剤でゴシゴシ洗い流してもっかい接着を試みたところなんなくくっつきました。
20190917_hellhound5.jpg
ふぅ…。とひといき。

そして、ある意味このキット一番の難関がキャノピーのパーツです。
ムクのクリアレジンなんですが、モールド一切ないところでフレームを塗り分けないといけないというスパルタ仕様。
20190917_hellhound6.jpg
マスキング下手くそながらがんばりましたよ。小一時間かかりましたけども。

で、ぶわっと吹いたのがこちら。
20190917_hellhound7.jpg
それなりに上手いこといったんじゃないですかね!?

てことで本体の方も基本塗装に進めました。
20190917_hellhound8.jpg
機体色はクレオスMr.カラーNo.331のダークシーグレー瓶生。画像でどこまで伝わるか分かりませんが、わりとドンピシャな気がしてます。

とある別アイテムも並行して進めてる中で相変わらずちょこちょこブランク放置期間を挟みながら、デカールとか貼っちゃったりして。
20190917_hellhound9.jpg
いや…水転写デカール貼るのがほんと下手くそでして…。
スケモ的解釈で劇中とプロポーションが若干違ってるのもあり、マーキングの位置合わせもムズカシイとこで.残念ながら決してうまくいったとは言えないんですが、やっぱりデカール貼ると情報量が増えるんで一気にそれらしくなってきています。

あとは仕上げのクリア吹いて航行灯とかちょこっと色差ししてやれば完成のハズ。
なんだかんだでサクサク出来ちゃってるのはキットの素性の良さですね。年単位で積まないでここまで進められてるのは自分的には久々の快挙と言っていいのではないかと。

このところもけいモチベ絶好調なので、勢いに乗っていきたいところですね。
ではまた次回。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ヴァリアント-12:完成!! [道楽模型堂1/35ヴァリアント]

ワンフェスディーラー「道楽模型堂」さんの1/35ヴァリアント、完成です!!

20190831_variant1.jpg
20190831_variant2.jpg
完成目前で吹っ飛ばした頭部パーツが塗装剥げ剥げになって心折れ、しばらく中断していましたが。
リカバーしきれてないんだけど、まぁ組んで写真撮れば分からん分からん!!

20190831_variant3.jpg
20190831_variant4.jpg
20190831_variant5.jpg
20190831_variant6.jpg

パーツ多いし精密だしで、自分の腕ではかなり苦労しましたが、どうにか形にはなりました。
せっかくのフル可動キットながら、動かす度にあっちこっち塗装剥げるのでおちおち動かせませんが…。

何はともあれ、写真に撮ってみれば細かいパーツごとのアラとか気にならない。
…気にならない!!!

いろいろと心残りはありますが、失敗とリカバーを繰り返してると永遠に完成しないので、ここでひと区切り。
反省点や得たノウハウはまた次作に生かしましょう。

今年3つめの完成品。手の遅いワタシにしてはなかなかの快挙ですよ!!

ではまた次回。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ヴァリアント-11:細部仕上げ [道楽模型堂1/35ヴァリアント]

ラストスパート引き続き。って…ラストスパートの続きってなんやねんてハナシですが。
いろんなアラには目をつぶりつつ、細かいとこアレコレ仕上げて参ります。

ステッカーを自作しました。
20190813_variant1.jpg
ナンバープレート。

設定画では微妙に横長なんですが、キット付属のデカールやパーツの造形もそれに準じてて、ちょっと気になったのでここはアレンジ。
20190813_variant2.jpg
リアル寄りな感じにしてみましたよ。キットのモールドを覆う形でt0.3のプラ板で作成したプレートにステッカーを貼って取り付けました。

腰部リアのライト類にはHアイズをあしらいまして、けっこういい感じじゃない!?
20190813_variant3.jpg
って思ってたんだけど写真撮ったのを見るとアラが目立つな…。肉眼だとほどよく雰囲気出てるんですよぅ。
塗装済みのHアイズ(φ1.8mm)をピンセットで吹っ飛ばして超焦ったりもしましたが、ものの数分の捜索活動で発見できたのは奇跡的でした。

ダクト類など細かいパーツを接着したら接着剤がはみ出して塗面を汚してしまったりして相変わらずの一進一退ぶりですが、どうしても気になる箇所はリカバーしつつ。フィギュアはつや消し吹いたし、クリアレッドが溶け出したパトライト周りもできる限り修正しました。

あとちょこっとだけ作業は残ってますが、今度こそ完成目前ですよ!!
ではまた次回。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ヴァリアント-10:ラストスパート [道楽模型堂1/35ヴァリアント]

連休ってこともあり、8/10パトレイバーの日もあり、テンション上がってるところでいよいよラストスパート!!

墨入れしました。
20190812_variant1.jpg
う〜ん…。
写真じゃ分かんないですが細かいとこあれこれキレイにいっておりませんが、もう気にしない。
ボディ周りの塗り分けがほんと大変でして、マスキングに塗膜持ってかれること幾度…。リカバーに次ぐリカバー。しかも、なんか濃いなと思ったら正解じゃないグレーを吹いてたりする始末。
都度仮組みしてるうちにまたあちこち剥げておりますが、どうにかこうにか体裁は整いました。
モールドに色が入るだけで情報量上がるんで雰囲気アップです。

と、思ったら。
20190812_variant2.jpg
ぎゃー!!
クリアレッドを発色させるのに厚吹きしたところにクリアコートをごってり厚吹きしたらクリアレッドが溶け出した…って感じでしょうか…。
なんかもうリカバーするのも疲れてきました。


一方、紛失してしまっている旭日章パーツ。
前回書いた通り、同じ道楽模型堂さんの1/35イングラムのキットを積んでおりますので、そちらのパーツを複製する作戦です。
おゆまるチャレンジ、ポリパテを詰めましたところこれが随分とうまくいきました!!
20190812_variant3.jpg

インスト通りセンターは真鍮線を通しまして、なかなかの精密度。
20190812_variant4.jpg

塗装してこうじゃ。
20190812_variant5.jpg
やっぱキモのこのパーツがうまくいくだけで、他の失敗もカバーできるような気が。


そしてフィギュアなんかも塗装してみますがこっちはまぁ…お察しの出来。
20190812_variant6.jpg
ちまちま筆塗りしましたが、こういう細かいとこほど実はエアブラシで吹いた方がキレイにいくんですよね。って分かってるのになぜやらない。


コックピットのハッチオープンのギミックは、仮組みして動かしてみる度に塗装が剥がれます。
こうなると完成後に開閉することはほぼないでしょうから、今のうちに記念撮影〜。
20190812_variant7.jpg
う〜ん!!よく出来たキットです!
工作の出来映えは別として…。
あ…フィギュアにつや消し吹くの忘れてるわ…。


そんなこんなで、一進一退というか満身創痍というかですが、いよいよホントにあと少しで完成です!!
…多分。

ではまた次回。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ヴァリアント-9:仮組み [道楽模型堂1/35ヴァリアント]

やっぱり天気がいいと気分もいいしモチベーションも上がりますね。

てなわけでここんとこ頑張ってちょこちょこ塗装を進めております。
主な塗り分けはだいたい終わったので、やらかしたところのリカバーをしつつ、いけそうなパーツはクリア吹き。なんとなく揃ってきた感じがしましたので、一旦仮組みしてみました。

どや。
20190807_variant1.jpg
やっぱ、仮組み大事だなーと。
1/35スケールって、改めて見るとけっこう存在感あります。
パーツ単位では気になって仕方ない失敗とかもう分かんないでしょこれ、っていう。

実際、部分的にはほぼ完成してはいるんですが、胴体まわりの塗装がもうしばらくかかりそう。
構造的にも造形的にもフクザツなもんで、マスキングして失敗をリカバーしたと思ったら吹き込んでしまって逆マスクしてまた吹いて、みたいなことの繰り返しです。

とはいえ、全体像が見えてきました。
20190807_variant2.jpg
完成が近づいているのを感じますよ。

あと残ってる主な作業としては…
・メインカメラバイザー塗装
・首とコクピット周りのメカ色修正
・ハッチ周りのクリア塗装
・パーツ裏のグレーアウト
・墨入れ
・細部パーツ接着
ぐらいですかね。

と言いつつ、ずっとナイショにしてたんですが非常に重大な問題がひとつありまして…。

旭日章のパーツを紛失しています…!!

イングラムのキットがあるんでそちらから複製してやればまぁなんとかなるでしょ、と、そんなに深刻には考えてないんですがいやはやです。
アクトロスの時もベンツのエンブレムを無くしかけたし、どうしてこう大事なパーツが行方不明になるんでしょうねぇ…。これ絶対無くしたらいけないやつだからちゃんとしとかないと…とか考えた記憶はあるんですが、考えた結果どうしたのかをまったく覚えておりません。困ったものです。
ひょっこり出てきてくれるといいんですが。

てなわけで、完成目前ではありますが、もう少しかかります。

ではまた次回。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ヴァリアント-8:塗り分けとかデカールとか [道楽模型堂1/35ヴァリアント]

絶好の塗装日和が続いておりますので、停滞してたお手つきを進めます。

えいやで塗装し始めたヴァリアントですが、アレコレと粗が発覚してちまちまリカバーしながらで思うように進展しません。なので、割り切っていけそうなところからマスキングしてガシガシと。
20190804_variant1.jpg
めんどくさがりなので、マスキングはあんまり好きではありません。
剥がすのは楽しいんだけどね。

てなわけで、あれこれ塗り分けました。
20190804_variant2.jpg
やっぱ、白黒ツートンが見えてくると俄然テンション上がりますね。
マスキング下手すぎて塗り分けラインがガタガタだったりしますが。

ここまできたら、ということで、塗り分けたパーツからデカールも貼っちゃう。
20190804_variant3.jpg
いかんせん頒布からだいぶ経ってるキットなので、デカールの劣化が懸念されましたがなんなく貼り付け出来ました。
情報量が増えるのでまたまたテンションアップ。

とはいえ、な部分は相変わらずで。
20190804_variant4.jpg
塗り分けラインがずれてるし、マスキングの隙間から吹き込んでます。
おっかしーなー、さすがにここまで塗装ヘタではないハズなんですが。

マトモなモデラーさんでしたら、ここまで来てたら1日で完成までいけそうなもんですが、もうしばらくかかりそうです。
ではまた次回。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

TOMIX キハ58・28 高山色 [北陸本線の模型]

先日の記事(→LINK)でも触れました、JR西日本商事・トレインボックス限定のTOMIXキハ58・28(高山色)セットのご紹介です。
20190803_tomix_kiha58_1.jpg

なんと!まだ買えます!!(→トレインボックス商品ページ)
う〜ん…もっと人気あると思ったんですが、地元補正が強すぎたようで…。実際にはごく一時期のマイナー塗装ということで想像以上に人気がないみたい?
いや、大人気を見越して大量に用意してくれたんだと考えましょう(^^;

発売開始直後に注文したもんで最速で届いていましたが、世の中いろいろあったりして記事にするのはちょっと遅くなってしまいましたが。

ばばん。
20190803_tomix_kiha58_2.jpg
鮮やかな緑色に大胆なクリーム色の太い帯。いいですねぇ〜。
斬新でスタイリッシュな雰囲気もありつつ、一方では「THE・ローカル線」的な趣もありつつ、2両編成ってところがまた絶妙な雰囲気です。

さんざん言ってるとおり富山出身者なもので、富山の車両は思い入れがあるんですが、中でもこの高山線色は時期的にもわりとドンピシャ感あって。
中学高校時代、高山線をオーバーパスする幹線道路(片側1車線)をチャリンコで爆走しながら通学していました。運行本数が少ないですから、運良く列車と交差することなどまずなかったんですが、この車両で通学してる同級生も多数いましたね。って、自分は乗ってないんかーい!!というハナシですがそこはまぁ。

今や新幹線開業と併せた大改装で富山駅も当時とはすっかり様変わりしましたが、その昔はなぜかナンバリングのない「西ホーム」なる切り欠きホームが高山線の発着の場でした。
そんなことも含めて、「ならでは」っぽい独特の雰囲気と一緒に記憶に残っているのがこの高山線色のキハというわけです。ほとんど乗ったことないけど!

JRにおけるキハ58系の定期運行で最後の最後まで残ったのが高山線らしいですが、元地元民としてはなんか嬉しい気分も。
20190803_tomix_kiha58_3.jpg
それぞれサイドビュー。特定編成ということで車番は印刷済みです。
再度国鉄色に塗り替えられたりした後、退役した片方はいすみ鉄道に譲渡されて元気に活躍しているようですね。
ただ、ドア下部の丸窓なんかは実車では埋められていましたし、詳しい方によればそれ以外も細部があれこれ実車とは異なるようなのであくまで「タイプ」ということになるようで。
それでも、こうしてちゃんと商品化されたことは嬉しい限り。発売されなかったら自分で塗り替えようと思って国鉄色を確保してありますが…、併結して遊びますか。いろんな塗色の車両が入り交じって運用されてた(らしい)のも富山方面のキハ群の面白いところです。

ご覧下さいこの凜々しいお顔。
20190803_tomix_kiha58_4.jpg
気動車は本来専門外ではありますが、やっぱりTOMIXのキハはいい造形してますね。


そして、高山線の車両といえば、大昔に作った思い出のもけいがウチにあるはずなんですが、ここにしまってある!という箱を開けたらなぜかなくてですね…。
あんな思い入れ満点の懐かしコレクションを捨てたとは思えないんですが、何度目かの断捨離を決意した時に勢い余って捨ててしまったのだとしたら後悔ハンパないです。
見つかるといいんですがちょっと望み薄でしょんぼりしている今日この頃です。

ではまた次回。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -